生きもの田んぼ|なごや生物多様性保全活動協議会
みんなで守ろうなごやの生きものたち。

生きもの田んぼ

生きもの田んぼ事業は、平成24年度で終了しました。

概要

港区南陽町にある約700平方メートルの水田で、農家の方の協力を得て農薬を使わずに稲作りをしています。これは、名古屋市環境局が実施した、バケツで稲を育てて生態系を学ぶ「バケツ稲づくり」の参加者からの「本当の田んぼを体験したい」という声を受けて始まりました。魚が用水路から田んぼへ上がるための「魚道」も設置されています。カエルや昆虫、魚、鳥など、1年のうちにあわせて100種類以上の生きものを見ることができます。

協議会では、この田んぼに生息する生物の調査を行っています。また、名古屋市環境局で、生物多様性の普及啓発の一環として子どもたちや市民を対象に生きもの観察会を行っています。

田植えの様子 観察会の様子

スケジュール

平成24年度
平成24年4月8日講座「田んぼと生きものの話 ~種蒔き体験アリ~」(名古屋市主催)
詳細は、チラシ(PDF形式:552KB)をご覧ください。
平成24年6月2日田植え体験と生きもの観察会(名古屋市主催)
詳細は、チラシ(PDF形式:968KB)をご覧ください。
平成24年7月21日草取り体験と生きもの観察会(名古屋市主催)
詳細は、チラシ(PDF形式:517KB)をご覧ください。
平成24年9月29日稲刈り体験と生きもの観察会(名古屋市主催)
詳細は、チラシ(PDF形式:1.05MB)をご覧ください。
平成24年11月18日藤前干潟ふれあいデー2012へのブース出展(名古屋市)
平成24年12月21日ワラを使った紙すき体験(名古屋市主催)
詳細は、チラシ(PDF形式:824KB)をご覧ください。
平成23年度
平成23年5月22日田植え(名古屋市主催)
平成23年7月~9月生きもの観察会(名古屋市主催)
平成23年7月~10月田んぼの生物調査
平成23年10月2日稲刈り体験と生きもの観察会(名古屋市主催)
平成23年10月29日藤前干潟ふれあいデーへのブース出展(名古屋市)
平成23年12月15・16日園児もできる“わらない”方法 としめ縄およびクリスマスリースづくり講座(名古屋市主催)

自宅でもできる田んぼ「バケツ稲づくり」~バケツが小さなビオトープ~

バケツに苗を植えて稲づくりをすることができます。
バケツで作られた小さな水辺環境にも、稲を食べようとするバッタやガの仲間が集まり、それを食べるトンボやクモがやってきます。そして、トンボが卵を産み、ヤゴが現れることもあります。
更に、田んぼの土を使うと、バケツの中にはミジンコなどの動物プランクトン、イトミミズなども現れます。
バケツ稲づくりを通じて、都心の中にあっても、毎日当たり前に食べている米が長い月日をかけ、太陽・土・水などの自然の恵みを受けて実ることを体感することができます。

詳しくはなごや生物多様性センター(外部リンク)のページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード PDFファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ戻る